「研修テーマをあげるとしたら二つ」

①専門スキル、業務上の知識を身に付けるなどハード的なテーマ
②コミュニケーション能力、リーダーシップといった、目には見えにくいソフト的なテーマ

このうち現在、企業経営者、人事を悩ますのが②のテーマ。
実際世の中に多くのこれらソフト的テーマをとりあげた研修があります。

良いと思われる研修を受けさそうと、経営者や人事が質の高いプログラムや講師を探し、研修プランに力を入れ、実際受講者から「いい研修だった」と感想が寄せられる内容でも、現場からは「何も変わっていない」と、研修効果に期待を持てず乖離状態の上司。これはよくある話。

お膳立てした研修は、目的の無い受講者にとっては所詮他人事です。
会社の真の目的は「人を育てる」ではなく、会社が掲げた目的に進んでいくこと。そのために社員一人ひとりが自らの役割と課題を考え、気づくことが両者成長の早道です。せっかく良い研修も活かす場所を理解していなければ忘却の彼方へと消え去る結末。

会社は「育てる」をするのではなく「目的を持たす」こと。会社はその機会、環境を整えることが重要だと考えます。
当社の研修は実施以前に、企業が掲げる真の目的、受講者の状態、そこからプランニングを行いテーマに沿った研修メニューを提供します。

 

「集合研修なのか個別対応なのか」

集合研修メリット
・自己理解と他者理解を日常の業務と照らし合わせながら検証できる。
・同じ研修を受けることで共通ワードが生まれ、現場に戻っても双方で高め合える
・研修効果を全員で感じることにより一体感が生まれる
デメリット
・同僚や上司部下と一緒では本音が語れない
・鳥瞰的な流れになることが多く、個人の心理的変化に気付きにくい
・業務調整がしにくい

個別対応メリット
・個人の状態に合わせた進度、効果が期待できる
・素の自分を出しやすい(気づきが得やすい)
・業務調整がしやすい

デメリット
・研修を受講した人、していない人がいる場合は、内容の浸透にばらつきがでる。
・集合に比べて割高

どちらも良い効果を持つものですが、個性や考え方の多様化した今の時代、「みんな一緒」よりも「個人に合うものを選択」する方が結果的に効果が得られると思いますが、集合研修であっても、決まった分け方(例えば役職別)より課題別の分け方ができると自分も内容が深まり、他者のことも知り検証材料が増える二重の効果が得られます。

いずれにせよ、そもそも必要な情報がインプットされていない人、インプットしたものが引き出せていない人、引き出したものを伝えるのが苦手な人、それらを何に使いたいのか整理できていない人、社員がどの状態なのかにより、研修内容を変える方がベターです。

 

お気軽にお問い合わせください。06-6448-6551受付時間 / 9:00~18:00(土・日・祝を除く)

お問い合せをする お気軽にお問い合わせください。